中絶費用 相場

中絶費用の相場

中絶費用 相場

年々、子供を中絶するという女性は増えてきています。
性に対しての軽い気持ちから妊娠してしまい、望まない妊娠をする女性が増えているのです。
また成人していて、子供を産める人でも中絶をやむをえない人もいます。
何らかの病気を持っていて、出産に耐えるほどの体力がない人などは中絶するしかないのです。
また金銭的な面を考えて、子供を産める状況にないと判断して中絶する人もいます。
どのケースも自分の不都合だけで中絶するわけではないのです。
子供が生まれてからのことも考えて子供を諦めるという人もいるので、そういった場合はその人を責めることはできません。

 

中絶の費用は妊娠何週目かによって決まります。
大きければ大きいほどお金も高くなりますし、体へのリスクも大きくなります。

 

なのでもし中絶をするのであれば、初期の間にしておきましょう。初期というのは妊娠12週未満の状態のことです。
中絶費用の相場は、初期の場合7万〜15万円となっています。妊娠12週以降の中期は20万〜50万円となっています。妊娠22週以降の中絶は、堕胎罪というものにあたるので罪になります。なんらかの理由でどうしても子供が産めないというのであれば、早めの決断が大切です。
すぐにお金を用意できない方はこういうところでもお金を借りています。
初めてお金を借りる方に限り、一ヶ月無利息で借りることも可能です。

こういう場合、事が事だけに、お金を借りるは知人や親に借りるわけにはいきません。保証人が不要ということで多くの人が利用しています。
ただ、一人の子供の命がかかっているので、簡単に決断しないようにしてください。

中絶費用は誰が払うのか

望まない妊娠は、年々増えてきています。
十代の性の意識への低下が問題とされている今、学生の身分で子供を身ごもってしまい、
中絶をやむを得ない女性がとても増えているのです。
しかし中絶とは一種の手術なので、1000円や2000円でできるものではありません。
中絶のお金がないという方であっても、もしそうなれば必ずお金は用意しておかないといけません。

中絶費用 相場

安くても10万以上はかかるほどのものなのです。

また中絶手術をすると、将来子供ができにくくなることもあります。
なので軽い気持ちで性と向き合ってはいけません。
中絶とは自分の子供を殺すということなので、それを真剣に考えたうえで行動しましょう。
中絶の費用は、学生に払える値段ではありません。
しかし自分も学生、相手も学生となれば誰が払うのかという問題になります。
その場合は、お互いの親の負担となるでしょう。
中絶は女性だけの問題ではありません。
男性側にももちろん責任があるので、費用を支払う義務があるのです。
法的に決められているわけではないので義務というわけではありませんが、自分の彼女が妊娠したとなればしょうがないことですね。
二人でよく話しあったうえで、お金に関することは決めた方がいいでしょう。
どれだけ早くても10万ほどかかるので、決して安いものではありません。中絶のお金がないという方もどうするかきちんと考えておきましょう。
誰が払うかはケースバイケースですので、必ずしも男性側が払うというわけではありません。

 

中絶に踏み切るには

何らかのトラブルで予期しなく子供が出来てしまったという事はありがちですよね。
無計画な出産は子供のためにも良くありませんし、あなたの将来のためにもよくありません。
そのためには、やはり中絶に踏み切るしかないでしょうね。
中絶に踏み切る際には、色々な知識を確保しておくことが大事なのではないでしょうか。
例えば、彼氏に相談すべきか相談せずに中絶に踏み切るべきなのか、また中絶した場合どのくらいの費用か、またどのくらい病院に拘束されるのか色々と考えるべきことはたくさんあるでしょう。
中絶に踏み切ることは決心も大事ですが、事前準備もある程度必要になってくるはずなのです。
ですから、中絶をする際にはしっかりと事前に色々と調べてから中絶に実際に踏み切っていくことが大事なのではないでしょうか。
なんせ、命を断つことに変わりない手術ですのでもっと慎重に行ってもいいはずなのです。
このように、中絶に踏み切るにはある程度の覚悟と知識が日うようになってくるでしょう。
その際には、しっかりとした事前準備や家族に打ち明けるべきかなどをよく考えておく必要があります。

万が一中絶となったら費用はかなりかかります。それほどの貯金があれば問題ないですが、もしないのであればどこかで工面しないといけません。
しかし、中絶費用は親しい人ほど借りられないもの。 人に関わらずに借りるならこのようなサービスを利用することです。
お金を借りるなら絶対に怪しいキャッシングで借りてはいけません!!
大手で信頼のおけるキャッシングを利用することをおすすめします。
保証人が不要なキャッシングもあるので、もしお金を借りるなら身内や親に迷惑をかけないことも大切なことです。
迷惑をかけないためには、保証人などを身内や知人にさせてはいけません。保証人がいらないキャッシングをこちらでご紹介しています。

 

即日振込が可能なキャッシングはこちら

中絶による慰謝料などの相談はこちら

妊娠中絶の慰謝料(病院代・治療費用)を一括で支払う場合には公正証書ではなく示談書を作成することが多いです。
慰謝料の支払いが長期で分割になる場合は、将来支払が滞る場合もあります。そんな時には給料などを差し押さえることができますから、公正証書を作成することをおすすめします。
しかし、示談書作成費用も2万円ほどかかります。公正証書作成にも4、5万円かかります。
公証人先生の手数料も1万円ほどかかる場合があります。

 

中絶費用以外にもこのようにさまざまな費用が発生してきます。
そんなにお金を出すことはできませんよね。
そこでおすすめなのが「弁護士費用保険」です。

 

弁護士に相談するには、まず相談料がかかりますよね。

 

法的トラブルに直面した時の解決費用を補償する保険で、2013年5月に発売された新しい弁護士費用保険です。
トラブルが起こって家族や友人に相談して解決しない場合、法的に解決する道を選び、弁護士に相談・依頼するのが一般的です。
しかし費用が高くなることでほとんどの方は弁護士へ依頼するところまでいかないのが現状。
トラブルに直面しても8割程度は泣き寝入りしてしまっているという現状があります。

 

弁護士に相談するには、まず相談料がかかります。
その後、依頼した場合には、着手金といってまとまったお金を払わないと弁護士に動いてもらえません。
トラブルの金額が大きいほど着手金も大きくなります。
着手金は、依頼の成功・失敗にかかわらず戻ってこないお金のため、この時点で依頼をあきらめてしまう方が多いのです。

 

「弁護士費用保険」は、病気やケガには健康保険、車の事故には自動車保険があるように法的トラブルで困っている方の要望に応えるためにできたサービスです。
月額保険料2,980円ですから、1日98円ほどでまかなうことができます。
詳しくは公式ページをご覧ください。

 

>>弁護士費用保険はこちら<<

妊娠した後に心がけること

妊娠したということは、もう自分ひとりの体ではないということです。
常にお腹に居る赤ちゃんと一心同体であるということを忘れずに生活をしましょう。
妊娠した後に心がけることはいくつかあります。

まずはタバコです。タバコは妊娠以前の問題でもありますが、喫煙している人は妊娠したらすぐにやめましょう。赤ちゃんにも大きな悪い影響を与えることになります。血液循環も悪くなり、子宮も収縮しやすい状態になり、流産などのリスクが高まります。タバコにより血液循環が悪くなると、十分に酸素が行き届かなくなるので、赤ちゃんも未熟児で生まれてきたりと危険な状態になります。もちろん本人の喫煙だけではなく、家族全員禁煙しましょう。

妊娠した後に心がけることでは、飲酒も注意が必要です。
妊娠したら出産して授乳が終わるまでは禁酒しましょう。お母さんが摂取する物は赤ちゃんの体にも入るということです。薬や服用しているサプリメントなども勝手に飲まないように、担当医に相談してからにしないといけません。体重管理も大切で、急激に太ると妊娠中毒症の危険があります。
妊娠した後に心がけることは他にもたくさんあるので勉強しておきましょう。

まず中絶の相談って誰にすべき?

一人で悩んでいる人もいるでしょう。これは自分の問題ではなく、相手と話し合うことも必要です。しかしながら話し合いにもならない場合もあります。
だからといって中立的に話を聞いてくれる人もいませんよね。
そういう場合、法律の専門家に相談するのも一つです。女性の弁護士もいますし無理に法律問題にすることもありません。
どこに相談すればいいのか分からないという方もいますよね。相談だけでも受け付けてくれますから、大事になる前に相談しておきましょう。重要なことですから、勝手に自分で判断せず、その道の専門家に相談することをおすすめします。